置き去りにされる犯罪被害

置き去りにされる
犯罪被害

~法律のイロハから被害者問題まで、マチベンが語る~

宇田 幸生著

置き去りにされる犯罪被害
代表弁護士 
宇田幸生の略歴
2000年より愛知県弁護士会犯罪被害者支援委員会に所属
2013年より同委員会委員長を務める。
2014年から愛知県公安委員会指定の犯罪被害者等早期援助団体である「公益社団法人被害者サポートセンターあいち」の理事を務め、民間支援団体と弁護士会における被害者支援分野における連携の構築にも力を入れている。
2009年には全国で最初の損害賠償命令事件の申立てを行っている。
2016年-現在:名古屋市犯罪被害者等支援条例(仮)検討懇談会 座長

置き去りにされる犯罪被害~法律のイロハから被害者問題まで、マチベンが語る~

宇田 幸生著

以下の条件のいずれかに該当すれば、
法律に基づき国から
50万円~最大3600万円の給付金が
支給される可能性があります。

check!

B型肝炎ウイルスに感染された方

B型肝炎ウイルスに感染された方

昭和16年7月2日~昭和63年1月27日に生まれた方

昭和16年7月2日~
昭和63年1月27日に生まれた方

満7歳までに集団予防接種を受けた方

満7歳までに集団予防
接種を受けた方

上記のいずれかのご遺族の方
ご本人ばかりでなく、母親の感染によって母子感染された方や、B型肝炎ウイルスへの感染が原因で亡くなった方のご遺族も、相続人として国から給付金を受けられる可能性があります。
ご自身で判断する前に、まずはご相談ください。B型肝炎に関するご相談は何度でも無料です。お気軽にお問い合わせください!ご自身で判断する前に、まずはご相談ください。B型肝炎に関するご相談は何度でも無料です。お気軽にお問い合わせください!

裁判は必須?

裁判を起こすことは必須です。
ただし、弁護士費用について国から補助が受けられます。
国からの補助は、給付金額の4%です。

裁判等の費用につきましても、事前にお客様と協議し、ご納得いただいてからご依頼いただきます。丁寧にお話をお伺いしますので、安心してお気軽にご相談ください。

B型肝炎ウイルス感染における給付金額の一覧

病状に応じて、あらかじめ定められた金額の給付金が国から支給されます。そのほか、定期検査費用などの支給や弁護士費用の補助もあります。当事務所では、B型肝炎の給付金請求に関する弁護士へのご相談は何度でも無料です。ご不明な点は、ご遠慮なくお問い合わせください。

死亡・肝ガン・肝硬変
(重度)

発症後20年を経過していない方

給付額3,600万円

発症後20年を経過している方

給付額900万円

無症候性キャリア
(感染後)

20年を経過している方

給付額2,500万円

20年を経過し、
治療を受けたことがある方など

給付額600万円

20年を経過し、治療歴がない方など

給付額300万円

慢性肝炎
(発症後)

20年を経過している方

給付額1,250万円

20年を経過し、現在治療中の方など

給付額300万円

20年を経過し、治療歴がない方など

給付額150万円

無症候性キャリア
(感染後)

20年を経過していない方

給付額600万円

20年を経過している方

給付額50万円

+検査費用など

ご自身で判断する前に、まずはご相談ください。B型肝炎に関するご相談は何度でも無料です。お気軽にお問い合わせください!ご自身で判断する前に、まずはご相談ください。B型肝炎に関するご相談は何度でも無料です。お気軽にお問い合わせください!

給付金を受け取るまでの流れ

1.資料収集
給付金の請求に必要な書類を収集していきます。依頼者の方にご協力をお願いする際は、わかりやすくご説明いたします。
2.訴訟の提起
書類をチェックした後、給付金を請求する訴状を弁護士が作成して、裁判所に提出します。
3.和解の成立
和解が成立するまでは、最短で6ヵ月程度かかります。和解の成立、症状・病状に応じて給付金額が決まります。
4.給付金の受け取り
和解調書などを社会保険診療報酬支払基金に提出した後に、給付金などを受け取ることができます。

宇田法律事務所に依頼するメリット

  • 法律相談・着手金無料(最初は実費のみ)
  • 弁護士費用は給付金からの安心後払い方式
  • 希望の方へは労災・交通事故での医療知識で証拠収集を代行

こんな場合でも給付金を受け取れる可能性があります。

  • B型肝炎に持続感染しているが母子手帳がない
  • B型肝炎に持続感染しているが予防接種を受けたか分からない
  • ご家族がB型肝炎で亡くなっている
  • ご家族がB型肝炎に感染している
  • 最近B型肝炎と診断された
ご自身で判断する前に、まずはご相談ください。B型肝炎に関するご相談は何度でも無料です。お気軽にお問い合わせください!ご自身で判断する前に、まずはご相談ください。B型肝炎に関するご相談は何度でも無料です。お気軽にお問い合わせください!
B型肝炎の給付金請求・訴訟の弁護士なら宇田法律事務所にご相談ください。電話番号:052-932-9327。受付時間:平日9時30分~18時。

B型肝炎に関するご相談は何度でも無料です。お気軽にお問い合わせください。

メールでの無料相談メールでの無料相談