宇田法律事務所ブログ

緑と花を愛でるは日本人の心(日本論語研究会名古屋支部)

このサイトを広める

こんにちは。

 

今日は私が主宰している日本論語研究会名古屋支部の研究会のご案内です。

 

「論語」って言うと、何か難しそうだな~。と思うかもしれませんが、全く問題ありません。

 

研究会では、毎回、論語の一節を参加者の皆様と素読(そどく)して、その後に、各界の一線で活躍されている方の講話を伺います。

 

これまで様々な方々がご登壇され、人の道や人間学、人生についてどう考えるか等、深いテーマの提供を頂いております。

 

分野では、政治関係、経済界関係、スポーツ関係、芸術家関係等、これまで様々な方々から感動的なお話を伺っております。

 

「なぜ、論語?」

 

と疑問に感じられるかもしれません。

 

実は弁護士の仕事をしていますと、毎日のように法律を使いこなし、「これは法律でいける、いけない」等と考え込んでいます。

 

しかし、法律はいわば社会における最低限度のルール。そのルールのせめぎ合いで世の中が決まってしまうとすれば、それも複雑です。

 

本来なら、誰もが法律に頼らず、人間力によって成り立つ社会が理想です。

 

そんな理想の形を追い求めていく中で、論語を題材に人間学を学ぼうと思ってはじめたのが、日本論語研究会名古屋支部なのです。

 

本部は東京にあり、10年以上の長い歴史を持っています。

 

東京では、これまで小泉進次郎さんをはじめとしてそうそうたる講師が講話をされてきました。

 

名古屋でも二ヶ月に一度、当事務所を会場に開催しています。

 

2月は11日の土曜日の午後6時30分~午後8時まで。

 

定員は36名、入場無料。

 

今回の講師は、名古屋で花屋さんとして活躍されている「greengreen」代表の辻和彦さん。

 

「緑と花を愛でるは日本人の心(仮) 緑とふれあってみよう~」と題して講演を頂きます。

 

ちょっと興味があるなと感じられたら、是非、お気軽にご参加下さい(満席の場合はご容赦下さい)。

 

詳細のリンクは以下になります。

 

2月論語研究会はコチラ

 

不明点や不安点などは、お気軽にお問い合わせください。

このサイトを広める