宇田法律事務所ブログ

住民のセーフティーネットを

このサイトを広める

こんにちは。宇田幸生です。

 

先週末は母校である関西大学校友会の代議員を拝命し、久しぶりに大阪の母校に足を踏み入れました。

 

「関大」は私の在学中は「バンカラ」のイメージでしたが、フィギュアスケートでの選手の活躍をはじめとして、とても洗練されたイメージに変化しているように感じました。キャンパス内にスタバがあったのは大いに驚きました。

 

話は変わりますが、来る2月7日に犯罪被害者支援企画シンポジウムでパネリストとして登壇することになりました。

 

日時 平成29年2月7日午後12時30分開場。午後1時~午後4時30分迄

場所 愛知権図書館大会議室

会費 無料 

 

 

テーマは「市町村における犯罪被害者支援」。

 

私たちにとって、もっとも身近な行政窓口である基礎自治体。

 

名古屋市でも犯罪被害者支援に特化した条例制定に向けて議論が進んおります。住民の皆様が犯罪被害に遭ったらどんな支援ができるのか、有事に備えて事前に出来ること、被害発生後に取り組むべきこと等について議論が続いています。

 

犯罪被害者支援条例は、犯罪被害に遭った方のためだけのものではなく、全ての住民のためのセーフティーネットでもあります。

 

私自身も自らの書籍

「置き去りにされる犯罪被害者」

で触れた犯罪被害者条例、よりよいものになるよう微力ながらお手伝いできればと考えております。

 

当日は誰でも参加可能で無料です。ご興味がある方は是非どうぞ。

 

 

不明点や不安点などは、お気軽にお問い合わせください。

このサイトを広める