宇田法律事務所ブログ

相続~相続人は誰だ

このサイトを広める

こんにちは。名古屋市東区代官町で法律事務所を営む宇田幸生です。

 

私の事務所では、企業法務の他、個人のご相談では、相続、離婚、交通事故も数多く対応しております。

 

今回は、相続と遺言がテーマです。

 

人の子としてこの世で生を受けた限りは、必ず親がいます。ですから、親が亡くなられた際には相続という場面に遭遇することは決して希なことではありません。

 

結婚をしなければ離婚を体験することはありませんが、相続自体は人生で一度は接することがあると言われます。

 

そんな相続問題は、実は法律的に様々なルールがあり、沢山の裁判例もあります。

 

【よくある話題】

・誰が相続人になるのか

・相続分はどうなるのか

・遺産分割はどのようにするのか

・遺産はどうやって評価するのか ・・・etcです。

 

今回は、この中で「誰が相続人になるのか」「相続分はどうなるのか」について、触れてみたいと思います。

 

ちなみに、この相続の分野は特に専門的な法律用語が目白押しです。用語を正確に説明しようとすると、相当な分量となりますので、ここでは、ざっくりと触れさせていただきます。

 

【相続人の範囲】

常に相続人  配偶者(夫や妻)  

第1順位   子ども(またはその代襲相続人:子どもが先に亡くなっていても孫やひ孫がいれば下の世代が順次相続人になる)

第2順位   両親等(直系尊属:両親が亡くなられても祖父母が存命なら祖父母へと上の世代が順次相続人になる)

第3順位   兄弟姉妹(またはその代襲相続人:兄弟姉妹が先に亡くなっていても甥や姪が相続人になる)

 

必ず相続人になるのは亡くなられた方「これを「被相続人」と呼びます)の「配偶者(夫や妻)」です。

そして、配偶者以外に、第1順位の方がいれば、配偶者と第1順位の方が相続人となります。

第1順位の方が存在しない場合、はじめて第2順位の方が相続人となり、第2順位の方もいなければ、第3順位の方が相続人となります。

また、もし最初から配偶者がいなければ、第1順位から順番に上位の順位の方のみが相続人となります。

 

例えば、夫が結婚して妻がおり、子どもが2人がいて、両親も健在、兄弟も2人いる場合に、夫が亡くなった場合はどうでしょう。

この場合には、妻と子ども2人だけが相続人になりますが、両親や兄弟は相続人にはなれません。

 

【相続人はどうやって確認するの?】

相続人が誰になるのか確認するためには、必ず戸籍謄本類が必要となります。本籍地の役所で皆さんもとったことがあると思います。

ご相談者の方からお話を伺ったりする際には、ご相談者が認識している相続人だけに限らないことが起きてきます。

よくある典型例が「隠し子」の存在です。相談者のお話を参考にしつつ戸籍類を調査しなければ正確なことは判明しないわけです。

そのため、必ず、被相続人が生まれてから死亡されるまでの全ての戸籍を追いかけることになります。

一つの戸籍をとって、さらにその前を確認し、改めて過去の戸籍に遡っていく・・・・という作業を繰り返す必要があります。

しかし、この戸籍の調査をすることで、予想外の相続人の存在を発見することもあるわけです。

 

ちなみに戸籍が整備されたのは明治時代になってからですが、明治時代の戸籍に遡ると、両親は江戸時代生まれであることが多く、

天保・安政・慶応・・・といった元号を確認することも珍しくありません。

またこの時代の文字は達筆すぎて戸籍を読みとくのに骨が折れるのも悩ましいところです。

 

いつも戸籍の元号を確認しながら、

天保!! 水野忠邦の天保の改革、大塩平八郎の乱の頃だなあ・・・

安政!! 井伊直弼による安政の大獄があった頃だなあ・・・

慶応!! いよいよ幕末も最後、薩長同盟・大政奉還・戊辰戦争の頃だなあ・・・

などと、歴史に思いをはせることがしばしばです。

 

【法定相続分】

さて、戸籍調査によって誰が相続人になるかが決まると法律上、取得できる相続分が決められてきます。これを法定相続分といいます。

 

配偶者と子どもだけの場合    配偶者2分の1 子ども2分の1(2分の1を子どもの人数で頭割り)

配偶者と両親だけの場合     配偶者3分の2 両親3分の1(3分の1を両親の数で頭割り)

配偶者と兄弟姉妹だけの場合   配偶者4分の3 兄弟姉妹4分の1(4分の1を兄弟姉妹の人数で頭割り)

 

なお、相続人間で合意があれば、どんな相続分で分けても自由です。

また、被相続人が遺言を書いておけば、一定の例外を除き、法定相続分とは異なる割合で分けることもできます。

しかし、特に遺言がなく、相続人間で話し合いもつかないような場合には、法定相続分が原則となるのです。

 

【相続人になるのか気になる方々】

ここで、相続人になるのか、よく問題となるのが

「内縁」

「胎児」

「戸籍に載っていない子ども」

「養子」

といった方々です。

 

「内縁」は配偶者なのか?

「胎児」「戸籍に載ってない子ども」「養子」も子どもなのか?

 

配偶者は常に相続人になりますし、子どもも第1順位の相続人とされています。両者の法定相続分も大きく影響は甚大です。

 

そこで次回は、ちょっと気になる方々の相続権の話題から続きを書きたいと思います。

 

 

 →宇田幸生のプロフィールはコチラ

 

 →相続・遺言 各種取扱い業務はコチラ

 

 

不明点や不安点などは、お気軽にお問い合わせください。

このサイトを広める