弁護士紹介

代表弁護士

宇田 幸生

代表弁護士

宇田 幸生Uda Kosei

経 歴

1972年:愛知県名古屋市生まれ

:関西大学法学部法律学科卒

:司法試験第二次試験合格
:旧名古屋弁護士会(現愛知県)弁護士会登録 
:愛知大学法科大学院非常勤講師(臨床実務 犯罪被害者支援)
-現在:財団法人日弁連交通事故相談センター愛知県支部嘱託弁護士
-現在:日本司法支援センター愛知地方事務所地方扶助審査委員
-現在:愛知大学法科大学院非常勤講師(臨床実務 犯罪被害者支援)
:愛知県弁護士会犯罪被害者支援委員会委員長
-現在:宇田法律事務所開設
-現在:公益社団法人被害者サポートセンターあいち理事
2016年-現在:名古屋市犯罪被害者等支援条例(仮)検討懇談会 座長
私が弁護士を目指すきっかけとなった理由

父親の影響によるところが大と言っても過言ではありません。
父親は、名古屋で不動産業を営む零細企業の経営者で、日常的に「家賃の滞納だ」「明け渡しだ」などと言っては、自力で書類を作って裁判所に出している父の姿を見ておりました。
また、繁華街でもビルオーナーをしていた関係か、反社会的勢力との間でのトラブルに巻き込まれることもありました。
父親からは、口酸っぱく「最終的には自分の身を守ってくれるものが法律だ。」「法律はどんなところでも通用する。法律を使えば国が味方になって力を貸してくれる」などと聞かされて育ちました。
父親の思惑通りか否かは不明ですが、大学進学後は法学部へ行き、実際に法律を扱う「弁護士」という仕事に就くことになりました。

不明点や不安点などは、お気軽にお問い合わせください。

このサイトを広める