宇田法律事務所ブログ

顧問弁護士の取扱説明書

第1 はじめに

 

こんにちは。名古屋市東区で法律事務所を経営する弁護士の宇田幸生です。

 

私の事務所では様々な職種の事業主の方々の各種ご相談を受けておりますが、その中には顧問弁護士として日常的に法的な対応で応援をさせていただいている事業主さんもいらっしゃいます。

 

業種に特に縛りはなく、不動産業、貿易業、建築業、製造業、人材派遣業、医院、歯科医院、運送業、IT系企業等、様々な事業活動で顧問弁護士として対応いたしております。

 

今日はそんな顧問弁護士の取扱説明書と題して、顧問弁護士の取扱い方を考えてみます。

 

 

第2 顧問弁護士の内容

 

顧問弁護士とは、毎月定額(概ね3~10万円、消費税別途)の顧問料をお支払いいただくことで、以下①から⑧の法的サービスを提供する仕組みです。

 

 ① 顧問先の企業経営等の組織運営、営業、雇用等企業活動から生ずる法律相談

 ② 契約書その他法律文書の鑑定・検討

 ③ 契約書その他法律文書の作成

 ④ 契約の立会

 ⑤ 契約及び示談の交渉

 ⑥ 訴訟、調停その他甲の法的代理業務

 ⑦ 講義・講演

 ⑧ 株主総会運営の指導及び立会

 

このうち、①の法律相談、②の契約書類の内容の確認や検討については、顧問料のお支払いによって無料で対応させていただくサービスとなります。その他のサービスについては有料ではありますが、顧問企業であることで、通常依頼いただくよりも割引価格(1割~

割引)で対応をしております。

 

 

第3 「顧問弁護士」とは「かかりつけの医師」である

 

顧問弁護士と言うと、何となく敷居が高そうだし、具体的に事件が起きたときに改めて頼めば良いかなと考える方もいらっしゃるかもしれません。

 

確かに、具体的な事件が起きた際に依頼をいただくことも大切なことです。

 

もっとも、事業主さんの場合は、日常的に事業活動・経済活動を行なっていく上で

・組織運営に関する法律問題(株主との関係、会社支配権を巡る対応等)

・取引先との間の法律問題(契約書作成、取引上のトラブルや売掛金の焦げ付き等への対応等)

・顧客との間の法律問題(お客様トラブル等)

・従業員との間の法律問題(いわゆる労働問題等)

 

等、様々な利害関係人が複雑に絡み合った法律問題に常に向き合って事業活動をされております。

 

すなわち、法律問題が事件として顕在化する危険が含まれた土壌で日々の活動をしているといっても過言ではないのです。

 

一つの事業(会社)を生命活動にたとえた場合、日常的に様々な法的な問題(突然変異の細胞)は発生しているものの、それが事件として深刻化するに至らない状態で終息していくため(自然治癒力による突然変異細胞の駆逐)、日常的には特に意識が向いていないのかもしれません。

 

もっとも、中には自然には終息しない法的問題に発展するものもあり(突然変異の細胞の悪性腫瘍化)、気がついたときには、対応が後手に回り、その解決に甚大な時間と労力を掛けざるを得ず、場合によっては事業の存立に深刻なダメージを与えることになりかねないということもありえます。

 

顧問弁護士は、そのような企業活動の中で、日常的に起きうる様々な法的な問題について、随時相談に乗り、深刻な法的問題へと変化する可能性のある事案に対しては、それに対する対応方策を考え、リスクの芽を事前に摘み取り、あるいはリスクの拡大を最小限に抑えるための対応を「法律相談」という形で行なうことになります。

 

具体的に事件になってしまってから依頼をする方法は、何も対応しないよりは遙かに良いことは間違いありません。

 

しかし、この場合には、いわば、腫瘍が進行し悪性化した状態になってから、医師の下に駆け込むことに近いイメージであり、自ずから解決の選択肢が狭まり、解決にも過剰な労力と費用を掛けざるを得ないということにもなりかねないのです。

 

常に事業活動での法的問題に目を光らせ、法的リスク発生を予防し、避けられない法的リスクに対しては、その深刻化を防ぐために事前にできる限りの対応方法を提案することは、顧問弁護士の重要な役割の一つです。

 

それはあたかも事業主にとっての「かかりつけの医師」のような存在でもあるのです。

 

 

第3 優先的かつ素早い対応

 

顧問弁護士の場合、日常的にどのような問題でも相談にのることができますし、通常のご依頼事案よりも優先して迅速に対応をいたしますので、いわゆる悪性腫瘍化の芽を早期に摘み取る上でも非常に有用と言えます。

 

 

第4 相談の中身を気にせず気軽に相談できる

患者にとって、自分の身体の調子が悪くなったとき、その原因を自ら判断することは容易ではありません。

 

このようなときには、まずは、体調不良が病気によるものかどうか、医師に診てもらいますが、法律問題についても同じことが言えます。

 

どんな些細なことであっても何か問題を抱えたとき、ちょっと心配になったとき、依頼主にとっては、それがそもそも弁護士に相談するべき法律問題と言えるかどうかも含めてわからないのが当然です。

 

仮にご相談いただいた内容が法律問題ではない場合は、その旨をお知らせして他に相応しい対応先をお知らせし、法律問題である場合には専門的な知見から様々なアドバイスをさせていただく、それが顧問弁護士の重要な役割の一つでもあります。

 

そのような意味では、何でも気軽に相談できることは、体調不良の原因がわからない状態で、まずは原因を探るために病院に行くことと同じ感覚なのかもしれません。

 

第5 「顧問弁護士」表記で企業防衛策にも

 

当事務所が顧問弁護士対応をしている事業主様には、ホームページ等で当事務所の名称を掲げていただくことも推奨しております。

 

インターネットが普及した現代社会では、会社の内容を知りたい場合には、まずはホームページを確認することが多いかと思います。

 

その際にホームページ上に顧問弁護士の名前が表記されていれば、法的な対応に顧問弁護士がついてくる事業主であることを示すことができ、悪質なクレームや不当な取引を求めてくる相手方に対する牽制や注意喚起を促すことにも繋がります。

 

このように顧問弁護士名の表記は、トラブルに巻き込まれない予防策としての効用も期待できるのです。

 

第6 弁護士費用もリーズナブルに

 

顧問弁護士の場合には、顧問先より月額3~10万円程度(顧問料は会社の規模や対応内容によって変わります)の顧問料を頂いております。

 

この月額顧問料によって随時、法律相談に無料で対応(営業時間外除く)しておりますが、それ以外にも具体的な事件発生時に代理人として対応が必要となった場合には顧問であることによる弁護士費用の割引が適用されます(概ね1~2割引)。

 

例えば300万円の売掛金を訴訟で請求し全額回収をした事件の場合、弁護士費用は全体で24%である72万円となりますが、その額から1割引をすることになるため、7万2000円相当がリーズナブルになるのです。

 

もちろん、顧問弁護士費用は事業主にとっては経費として、売上から控除される項目となりますので、納税の側面でも支出が正当なものとして評価されていることも指摘できます。

 

 

第7 福利厚生のオプションをプラスで事業成長への更なる後押しに

 

当事務所が商標登録している「福利厚生顧問弁護士」は、当事務所独自の造語です。

 

「事業を支えている大切な存在は従業員さん」との想いの下、従業員さんがプライベートにて法律問題で悩んでいるときに、顧問弁護士として顧問企業の従業員さんへも無料法律相談を提供するサービスです。

 

万が一、従業員さんがプライベートで悩み事を抱えていた場合、それだけでも仕事にも集中できないということはよくあります。典型的なものは、相続や離婚、借金問題、交通事故等です。人生にとって一大事の一つでもあります。

 

そんな従業員さんに法的な観点から方向性を指し示すだけでも、悩み解決の手助けに大いになりえます。

 

また、その際の相談料は事業主である顧問企業にて支出していることを知っていただくことで、弁護士相談にも対応してくれる事業主の事業の発展にも尽していきたいというモチベーションアップにも繋がることが期待できます。

 

さらに、人手不足で悩む業種では、従業員採用時の福利厚生のサービスの中に、顧問弁護士による無料相談を謳うことによって、他の求人広告との差別化にもなり、より良い人材確保にも資すると想われます。

 

「従業員を大切にする事業は必ず成長発展する」。「従業員と弁護士との架け橋ができるのは事業主」との信念の下、はじめた福利厚生顧問弁護士制度。

 

顧問弁護士にプラスしていただくことで、社業発展への力強い後押しとなればと想っております。

 

当事務所の顧問弁護士制度にご興味のある方は、是非、お問い合わせください。

 

 

 

→宇田幸生のプロフィールはコチラ

 

第26回論語研究会~再案内~

こんにちは。名古屋市東区代官町の弁護士宇田幸生です。

 

先日、台風により順延となりました第26回日本論語研究会名古屋支部の研究会を以下のとおり開催いたします。

 

平成30年10月20日(土)午後6時30分~午後8時00まで

 

論語を通じた人の道を学び、人間性に溢れた社会を築いていける一助となればと存じます。

 
 本研究会では、社会の一線でご活躍の方々をお招きしてお話しを伺っております。論語自体が初めてという方でも歓迎です。

日 時  平成30年10月20日(土)午後6時30分~午後8時00分

場 所  名古屋市東区代官町33番9号Kビル3階 宇田法律事務所研修室
     会場HP http://udakosei.info/index.php

講 師  神 ひ と み 氏
一般社団法人パートナーシップ推進協会代表理事 平成24年、協会の設立を機に自ら性犯罪被害者であることを公表し、『笑って暮らせる地域社会の創造』を目指し活動を始める。 自分を認め、他者を受け入れられるようなアプローチを骨格としており、性についても深くかかわることができる。相談者に寄り添い、親身な対応に定評があり、男女に関する相談は、5,000件以上の実績を持つ。 現在は、夫婦や親子に関する問題解決のためのコンサルティングを行う傍ら、持ち前の明るさ、パワフルさを生かし、男女のパートナーシップに関する講演活動を行っている。 一般社団法人パートナーシップ推進協会 info@ppa-jp.com

テーマ  「性犯罪被害を乗り越えて ~伝えたいあなたへのメッセージ~」

参加費  無 料


定 員  先着36名
 
参加費  無料です。皆様、振るってご参加くださいませ。

 

→宇田幸生のプロフィールはコチラ

 

犯罪被害者のための総合支援窓口がスタート~名古屋市~

こんにちは。名古屋市東区の弁護士宇田幸生です。

 

平成30年4月1日に施行された名古屋市犯罪被害者等支援条例。

 

いよいよ同条例に基づく名古屋市としての犯罪被害者支援総合窓口が名古屋市役所本庁で7月1日から開始されました。

 

私も有識者会議の座長として関わった経緯もあり、弁護士会の会報への寄稿や、捜査専門誌等への記事の執筆等で微力ながら広報のお手伝いをしております。

 

名古屋市として7月1日より新たに受け付けがスタートした犯罪被害者支援施策には

 

①経済的支援

 支援金・・・犯罪被害により当面必要となる経費等にあてるため死亡したときに30万円、重傷病被害を受けたときに10万円を支給

 見舞金・・・遺族が損害賠償を命じる判決等を勝ち取ったにもかかわらず賠償が受けられない場合に150万円を限度に支給

②日常生活支援

 ホームヘルプサービス・・犯罪により日常生活に支障を来した被害者やその家族・遺族の居宅にヘルパーを派遣し、家事育児介護を支援

③その他の支援

 精神医療支援・・・犯罪被害により精神医療機関に受診した場合に医療費の自己負担分の半額を支給

 

があります。

 

それぞれに支援を受けるための要件がありますので、詳細をお知りになりたい場合には、お気軽にお問い合わせください。

 

また、名古屋市の犯罪被害者等総合支援窓口でも、これら支援施策について受付をしております(月~金 8時45分~17時30分 電話052-972-3042 祝日・年末年始のぞく)。

 

いよいよ名古屋市でも開始された新たな犯罪被害者支援施策が、名古屋市民の皆様への万が一の場合のセーフティネットとして活用されることを期待してやみません。

 

→宇田幸生のプロフィールはコチラ

日本論語研究会名古屋支部 第26回研究会のご案内

こんにちは。名古屋市東区代官町の弁護士宇田幸生です。

 

今日は今年4回目の日本論語研究会名古屋支部のご案内です。

 

来たる平成30年7月28日(土)に第26回目の日本論語研究会名古屋支部の研究会を開催致します。

 

論語を通じた人の道を学び、人間性に溢れた社会を築いていける一助となればと存じます。

 
 
当研究会は、論語を通じて人間学を学ぶことを基本に、社会の一線でご活躍の方々をお招きしてお話しを伺っております。論語自体が初めてという方でも歓迎です。

日 時  平成30年7月28日(土)午後6時30分~午後8時00分

場 所  名古屋市東区代官町33番9号Kビル3階 宇田法律事務所研修室
     会場HP http://udakosei.info/index.php

講 師  神 ひ と み 氏
一般社団法人パートナーシップ推進協会代表理事 平成24年、協会の設立を機に自ら性犯罪被害者であることを公表し、『笑って暮らせる地域社会の創造』を目指し活動を始める。 自分を認め、他者を受け入れられるようなアプローチを骨格としており、性についても深くかかわることができる。相談者に寄り添い、親身な対応に定評があり、男女に関する相談は、5,000件以上の実績を持つ。 現在は、夫婦や親子に関する問題解決のためのコンサルティングを行う傍ら、持ち前の明るさ、パワフルさを生かし、男女のパートナーシップに関する講演活動を行っている。 一般社団法人パートナーシップ推進協会 info@ppa-jp.com

テーマ  「性犯罪被害を乗り越えて ~伝えたいあなたへのメッセージ~」

参加費  無 料


定 員  先着36名
 
参加費  無料です。皆様、振るってご参加くださいませ。

 

 

→宇田幸生のプロフィールはコチラ

 

 

日本論語研究会名古屋支部 第25回研究会のご案内

こんにちは。名古屋市東区代官町の弁護士宇田幸生です。

 

今日は今年3回目の日本論語研究会名古屋支部のご案内です。

 

来たる平成30年5月19日(土)に第25回目の日本論語研究会名古屋支部の研究会を開催致します。

 

論語を通じた人の道を学び、人間性に溢れた社会を築いていける一助となればと存じます。

 

日 時  平成30年5月19日(土)午後6時30分~午後8時00分

 

場 所  名古屋市東区代官町33番9号Kビル3階 宇田法律事務所研修室 先着36名まで

     会場HP https://www.udakosei.info/access/10/

 

講 師  堀 口 昌 孝 氏
     三重大学生物資源学科卒(農業土木学を学ぶ)。
     全国農村振興技術連盟正会員
     公益社団法人農業農村工学会正会員(農業農村情報研究部会幹事)
     岐阜県土地改良事業団体連合会ストックマネジメントセンターに勤務し飽くなき現代の 開墾開田に取り組む。
     また公益社団法人隊友会愛知県隊友会終身会員、陸上自衛隊予備自衛官予備陸曹長、東海素淮会及び東海鴻池会での活動がある。

テーマ  「日本の開墾(土地改良事業)の歴史について(仮)」
      
参加費  無料です。皆様、振るってご参加くださいませ。

 

 

→宇田幸生のプロフィールはコチラ

 

名古屋市犯罪被害者等支援条例~3月19日可決成立~

こんにちは。名古屋市東区の弁護士宇田幸生です。

平成30年3月19日に名古屋市議会で犯罪被害者支援条例が全会一致で可決成立しました。

 

平成28年の秋から有識者会議の座長として関わらせていただいた条例案が可決成立したことに万感の想いです。

 

条例成立に情熱を注いでいただけた行政の皆様、市民はじめ多くの皆様方のお力添えの賜物です。

 

とはいえ、条例は成立したら終わりではなく、より良いものに育てていかなければなりません。

 

条例に関する意見募集が今後も名古屋市のHPであろうかと思います。その際には、是非ともより良い改善点などのお知恵をご提供下さい。

 

ちなみに、条例成立日に私がNHKで受けた取材が報道されました。

 

番組内では性犯罪被害への経済的支援をメインに条例が取り上げられましたが、他にも全国的にも初めての試みが盛り込まれています。

 

例えば、被害者が判決を勝ち取ったのに賠償金が取り立てられない場合、市が一定の額の範囲内で見舞金を支払う制度等です。

 

今後、各地の地方公共団体で被害者条例の制定や改正を検討する際の一つの参考例となればとも願っております。

 

ちなみに、テレビでの私のコメントはホントに一瞬でしたが、肝心なポイントは押さえられていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

→宇田幸生のプロフィールはコチラ

 

 

 

 

日本論語研究会名古屋支部(第24回研究会)のご案内

こんにちは。名古屋市東区代官町の弁護士宇田幸生です。

 

今日は今年2回目の日本論語研究会名古屋支部のご案内です。

 

来たる平成30年3月24日(土)に第24回目の日本論語研究会名古屋支部の研究会を開催致します。

 

論語を通じた人の道を学び、人間性に溢れた社会を築いていける一助となればと存じます。

 

日 時  平成30年3月24日(土)午後6時30分~午後8時00分

 

場 所  名古屋市東区代官町33番9号Kビル3階 宇田法律事務所研修室 先着36名まで

     会場HP https://www.udakosei.info/access/10/

 

登壇者  宇田幸生(僭越ながら今回は私自身が務めさせて頂きます)

 

     日本論語研究会名古屋支部 支部長

 

テーマ  「支払われない賠償金~逃げ得を撲滅するために」

     裁判実務での経験を踏まえ、主に被害者支援の観点から、あるべき法制度について皆さんと考えたいと想います。

 

参加費  無料です。皆様、振るってご参加くださいませ。

 

 

→宇田幸生のプロフィールはコチラ

 

法律相談~虎の巻

こんにちは。名古屋市東区の弁護士宇田幸生です。

 

この度、「そうだったのか!! すぐわかる!! よくある法律相談『虎の巻』」と題して、よくある法律相談のエッセンスを盛り込んだ簡単な小冊子を弊事務所のホームページからダウンロードできるようになりました。

 

裁判や法律相談の執務の隙間時間に少しづつ書きためてきたものですが、ようやく形となりました。

 

法律問題で悩み事を抱えている、多くの方々の道しるべになればと思っています。

 

紙面の都合上、メリハリを重視しており、全てを網羅できている訳ではなく、参考程度ではありますが、以下のようなテーマで整理しています。

 

 1 民事事件と刑事事件

 2 民事裁判のルールと弁護士費用

 3 売掛金や貸付金についての相談

 4 交通事故等の損害賠償の相談

 5 遺産相続についての相談

 6 離婚や男女関係についての相談

 7 不動産関係についての相談

 8 債務整理や破産についての相談

 9 残業代等の労働関係についての相談

10 顧問についての相談

 

法律で悩み事があった場合の道しるべにはなろうかと思います。

 

 

もちろん、より詳細なご相談もお受けしておりますので、お気軽にご相談ください。

 

明日2月6日火曜日午後7時30分からは「弁護士宇田幸生のりーがるあい」の生放送です。特別ゲストもお招きしていますのでお楽しみに。MIDFM76.1㎒。リスラジなら全国どこでも視聴できます!!リスラジはコチラをクリック

 

→宇田幸生のプロフィールはコチラ

犯罪被害者等支援相談員の募集~名古屋市

こんにちは。名古屋市東区の弁護士宇田幸生です。

 

私自身も有識者会議の座長として関わってきた名古屋市犯罪被害者支援条例。

 

当該条例に基づく具体的施策がいよいよ具体化してきました。

 

名古屋市では、名古屋市犯罪被害者支援条例や関係条例の改正と平成30年度予算成立を前提に、犯罪被害者等の心情を理解し、相談等の対応ができる方の募集を平成30年2月1日~15日までの間、実施いたします。

 

年齢不問、犯罪被害者支援に意欲のある多くの方の受験を待っておりますので、我こそはと思われる方は、是非、ご応募ください。

 

詳しい募集要項につきましては、名古屋市市民経済局地域安全推進課の下記リンク先HPをご覧下さい。

犯罪被害者等支援相談員 募集要項

 

 

→宇田幸生のプロフィールはコチラ

 

宇田法律事務所です。

 

二日間雪が降り、道路の凍結や、交通機関の乱れでご苦労されている方も

 

たくさんいらっしゃるのでは・・と思います。

 

日陰の雪がなかなか溶けなかった去年の教訓があり、

 

一日目から陰になっているところの雪かきを頑張ってみました。

 

子供達は登校前から雪遊びをして、みんなで雪を集めてかまくらを作っていま

 

した。

 

名古屋では、雪が積もる事は珍しいので、学校でも遊ばせて下さるようです。

 

授業で工作したり、体育したりするより、かまくらや、雪だるま作って、

 

雪合戦するほうが、いい経験にもなっていいと思います。

 

たまになので・・(笑)

1 / 712345...最後 »

不明点や不安点などは、お気軽にお問い合わせください。

このサイトを広める